沖縄でウェディングするならココ!結婚式場パーフェクトガイド

  • ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド
  • 沖縄の結婚式場30ヶ所まるっとカタログ
  • リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO
  • うちなー必見!沖縄の結婚式まとめ
沖縄のおすすめ結婚式 » リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO » 沖縄の結婚式、招待は親族中心が基本!交通費はどれくらい?

沖縄の結婚式、招待は親族中心が基本!交通費はどれくらい?

ここでは、沖縄で結婚式を挙げるときに気になるゲストの交通費について紹介しています。ゲストは親族のみにした方がいいのか、その場合の交通費の負担など、詳しく解説します。

リゾート婚には『お車代』が付き物!

沖縄などのリゾートで挙げるウェディングは、やっぱり費用がかかりがち。いくら工夫して式や披露宴のコストを下げても、交通費・宿泊費を含む『旅費』はどうしてもかかってしまいます。遠方からゲストを呼ぶ場合、その交通費・宿泊費を新郎新婦側で負担するため「お車代」を出すことが一般的です。

旅費はどれくらい負担する?

お車代を出す場合、「一部負担」と「全額負担」のパターンがありますが、リゾートウェディングの場合は一部負担をするケースが多いようです。観光を兼ねて結婚式に参加するゲストも多いため、全額負担を辞退してくることもあると思います。お車代をどれくらい負担するかは、新郎新婦とゲストの関係性によって大きく異なります。例えば「一部負担しかできない代わりにご祝儀はいりません」など、臨機応変に対応してもらうことがベスト。招待状にその旨をきちんと記載しておき、さらに電話などで直接伝えるのがスマートです。その上で、参加可否を問うようにしておきましょう。

沖縄結婚式にかかる旅費の相場はだいたいどれくらい?

沖縄で結婚式に参加する場合、ゲストは「交通費+宿泊費」の旅費が必要になってきます。全てゲストに負担していただくのは申し訳ないため、旅費を新郎新婦側で負担するのが「お車代」です。どれくらいの費用がかかるのかを計算しておき、お車代をどの範囲で負担するのかをあらかじめ決めておきましょう。

【例】東京から沖縄へゲストを招待するときの費用相場(交通費+宿泊費)

・東京から沖縄本島
大人1人で平均7~8万程度
・東京から沖縄離島
大人1人で平均13~15万円程度

同じ「沖縄ウェディング」でも、沖縄本島でおこなうのか沖縄の離島でおこなうのかによって、費用が倍近く変わってきます。どのロケーションで結婚式をしたいのか、前もってリサーチしておくと安心です。

一般的な費用の相場がわかったところで、旅費を全額負担した場合の総額を見ておきましょう。先輩カップルが沖縄の結婚式に招待したゲストの平均人数は、大体25人ほど。そこに新郎新婦を合わせると、27人になります。

ゲストの25人+新郎新婦2人=27人
→沖縄本島へ招待する場合 1,890,000~2,160,000円
→沖縄離島へ招待する場合 3,510,000~4,050,000円

ちなみに、結婚式自体にかかる費用は、平均で50万円~150万円ほど。こうしてみると、いかに旅費が大きいかが分かってくるかと思います。ゲストの人数に比例して、旅費だけではなく結婚式や披露宴自体の費用も大きくなるため、「呼びたい人を呼びたいだけ呼ぶ!」というのはなかなか難しいです。招待するゲストは、リゾート婚であることを踏まえて吟味するようにしましょう。

ゲストは「親族中心」が一般的

何かと費用がかかるリゾート婚は、ゲストや新郎新婦が住んでいる近辺で挙げる結婚式よりも色々と配慮がいるもの。結婚式に参加するゲストは旅費だけではなく、ご祝儀や衣装代・ヘアメイク代など色々な費用がかかっています。簡単に呼べる距離ではないことから、声をかけるゲストにも考慮が必要になってきます。

そのため、沖縄などのリゾート婚に招待するゲストは、新郎新婦の親族を中心にした少人数にしておくのが一般的。友人は本当に親しい間柄の人だけを呼び、後日に地元でお披露目パーティーや食事会をおこなうというパターンが多いようです。

「親族だけだなんてなんだかさみしい…」と思うかもしれませんが、リゾート地で気心の知れた身内だけでゆっくりとお祝いのときを過ごすのは、とても贅沢な時間です。一般的な結婚式では、親族よりも会社関係・友人関係のゲストに気を使わなくてはいけませんが、親族中心のウェディングの場合その配慮がいらなくなります。「親孝行になった」や、「おばあちゃんやおじいちゃんに喜んでもらえた」などなど、親族中心にしたことならではの良さもありますよ。

リゾート地の結婚式に友人を呼ぶ場合

ゲストは親族中心にすることが一般的ですが、本当に親しい友人のみ招待するというカップルも多いです。どうしても疎外感を感じがちなので、家族ぐるみで付き合いのある友人を呼ぶか、友人同士の複数人で過ごせるような招待の仕方がベター。友人だけがポツンとアウェーの環境にならないよう、配慮が必要です。

またお車代に関しては、新郎新婦の負担はなかったり、「交通費や宿泊費のどちらかを出す」など旅費の一部負担をしたりというケースが多く、全額負担をするカップルは少ないようです。ご祝儀は新郎新婦との関係性によって変わりますが、いただかないというのが一般的。少なくとも旅費を全額負担してもらった場合は、ご祝儀を辞退しておく方がいいでしょう。その場合はあらかじめ、「御祝儀はいらない」ということを伝えておいてくださいね。