沖縄でウェディングするならココ!結婚式場パーフェクトガイド

  • ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド
  • 沖縄の結婚式場30ヶ所まるっとカタログ
  • リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO
  • うちなー必見!沖縄の結婚式まとめ
沖縄のおすすめ結婚式 » リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO » ゲストに感謝の気持ちを…沖縄らしい引き出物とは?

ゲストに感謝の気持ちを…沖縄らしい引き出物とは?

青い海や青い空に囲まれた環境で挙げる沖縄でのリゾート結婚式。恵まれた自然の中で挙げるリゾートウェディングは、結婚するふたりだけではなく招かれたゲストにも思い出深いものです。

一般的に引き出物は、結婚式や披露宴に参加してくれたゲストへのお礼として渡すものと思われていますが、ゲストへの感謝とおもてなしの気持ちをこめて贈るのが本来の意味です。

メインの品物と引き菓子、かつお節などその地域の縁起物などをセットにするのが定番ながら、近年は自分たちらしい柔軟なスタイルで用意する人が増えています。沖縄らしい引き出物・引菓子にはどんなものがあるのかをご紹介します。

琉球ガラス

沖縄の空港や土産物店などで必ず置かれている琉球ガラス。ガラス工芸品は日本各地にありますが、沖縄の琉球ガラスはぽってりとした質感と鮮やかな色使いが特徴です。

琉球ガラスは、沖縄でのリゾート結婚式の引き出物として一番の人気を誇っています。そのせいもあり、タンブラーグラスやワイングラス、徳利とぐい呑のセット、シンプルなデザインから華やかなデザインのプレート・小鉢のセットなど、バラエティ豊かでセンスのよい品が増えています。

予算が許すなら、琉球ガラスの作家さんに引き出物を依頼するという方法もおすすめです。

琉球漆器

琉球漆器は、堆錦(ついきん)という沖縄独自の技法を用いて作られる漆器のこと。那覇の国際通りに行くと伝統的な漆器屋さんが店舗を構えていますが、じつは引き出物としてはそれほど一般的ではありません。沖縄でのリゾート結婚式を挙げるカップルが、少しめずらしいものを手渡したいということで選んでいるのだそうです。

琉球漆器は、お盆や茶托、お菓子入れ・箸など、予算に合わせてセットにすれば、上質感あふれる特別な引き出物になりますよ。

ミンサー織り

石垣島や竹富島などを含む八重山地方で昔から伝わる伝統織物がミンサー織りです。古くは、男性から結婚の申込みを受けた女性が、自分の想いをこめてミンサーを織り「お受けします」の返事として男性に贈る縁起物だったのだそうです。

ランチョンマットやコースターなどのミンサー織りを贈るカップルが増えていますが、琉球ガラスのタンブラーなどとセットにしたり、ミンサー織りの色合いや模様をそのまま楽しめる額縁入りミンサー織りなどを選んでもいいですね。

沖縄限定バウムクーヘン

結婚式の引き菓子として人気なのが、沖縄らしい黒糖や紅芋、沖縄のぬちまーすなど自然海塩を使ったバウムクーヘンです。2週間以上日持ちするバウムクーヘンは、丸いかたちをしているので夫婦円満の意味合いをこめるのにもぴったりです。

ちんすこう

沖縄の代表的なお土産といえばやはりちんすこうですよね。プレーンや黒糖だけではなく、チョコをかけたものやころんと丸いちんすこうなど、バラエティ豊かになってきています。結婚式用にハート型のちんすこうを作っているメーカーもあり、ラッピングも沖縄らしくて華やかなものが用意されています。

カタログギフト

沖縄でのリゾート結婚式の引き出物を検討するときに考慮したいのが、引き出物の重さや大きさ、材質です。県外からのゲストは、飛行機で来る人が多いため、せっかくの引き出物を持ち帰る際に気を使ったり手間がかかったりしないように配慮したいものです。

年配者のゲストが多い場合などは、沖縄の特産品から選べるカタログギフトの利用を検討してみてもいいかもしれません。

定番の品物を始め、沖縄の果物を使用し他たジャムやドレッシング、合わせ塩のセット・沖縄ハーブの石鹸・沖縄あぐー豚しゃぶしゃぶセット・ブルーシールアイスクリームのセットなど、選ぶ側も楽しめるさまざまな品がそろっています。 

沖縄らしい気持ちのこもった引き出物を!

今回は、沖縄で結婚式を考えている方へ向け、沖縄らしい引き出物を紹介しました。参列いただいたゲストの方へ、少しでも感謝の気持ちを伝えるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。