沖縄でウェディングするならココ!結婚式場パーフェクトガイド

  • ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド
  • 沖縄の結婚式場30ヶ所まるっとカタログ
  • リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO
  • うちなー必見!沖縄の結婚式まとめ
沖縄のおすすめ結婚式 » リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO » 沖縄の結婚式の特徴は?本土との風習の違いについて

沖縄の結婚式の特徴は?本土との風習の違いについて

ここでは、沖縄での結婚式における、本土との文化の違いや風習などの特徴を紹介します。初めて参加した人は思わずびっくりしてしまうことの多い沖縄の結婚式。違いに驚きはすれど何だかハッピーな気持ちになること間違いなしな、沖縄の結婚式の特徴について解説します!

沖縄らしさを楽しもう!本土との違いはどんなもの?

沖縄の結婚式には、本土とは異なる文化がたくさんあります。沖縄地元民の結婚式に初めて参加する本土の人は、その文化の違いに必ず驚いてしまうのだとか。文化の違いを前もって知っていると、びっくりせずに楽しんで参加できるかもしれません。ここでは、沖縄独特の結婚式文化についてチェックしてみましょう。

沖縄結婚式の風習【招待編】

結婚式に参加する前から違いが際立つ沖縄の文化。ここでは結婚式の「招待」にまつわる特徴を紹介します。

招待状は「参加決定」してから

沖縄では、招待状を送る前に口頭で結婚式があることを伝えることがほとんど。そこで参加の可否を聞いてから、結婚式の招待状を渡します。ちなみに、遠いところには郵送しますが、ほとんどの場合手渡しだそうです。そのため、招待状に返信はがきがついていないことが多いです。むしろ席次表や籍札が同封されていることも!

芸能人並みの参加人数

沖縄での結婚式は、参加人数が200~300人という規模であることがほとんど。有名人ではない一般人でも、この人数での披露宴をおこないます。なかには500人規模など、まるで芸能人かセレブかのような人数のものも。

ご祝儀相場は低いけど…?

結婚式のご祝儀は、沖縄では友人関係で1万円が相場です。本土では社会人相場で3万円であることが多いため一見安いように思えますが、前述したとおり1回1回の結婚式が大規模!そのため結婚式に呼ばれる回数も多く、中には同じ日に結婚式ハシゴをするという人も。

沖縄結婚式の風習【食べ物編】

沖縄式結婚式では、食事のマナーも独特です。

席についたら乾杯スタート!

一般的な結婚式では、乾杯の音頭がされてから全員で乾杯、歓談と食事がスタートするという流れです。しかし沖縄では、席に着いた瞬間に飲み物などが振る舞われることが当たりまえ。もちろんお酒もそうなので、乾杯の音頭が始まるころにはすでにみんな出来上がっている…という光景もよくあるのだそうです。

まるで中華料理屋?

コース料理が出るところもあるようですが、たいていの場合は円卓に大皿という中華料理屋さんのような感じでお料理が出てきます。遠慮せずにくるくる回して、しっかりといただきましょう。

沖縄結婚式の風習【宴会編】

「これぞ沖縄」というような、南国らしい陽気さがたっぷり楽しめる沖縄の披露宴。うちなー流の宴会についてチェックしておき、楽しいパーティーを過ごしましょう。

席次は本土と真逆

結婚式の席次は、新郎新婦が座る高砂から最も近い位置に会社関係・その次に友人・後ろの方に親族…というのが一般的ですよね。沖縄では、なんとこれが真逆になります。高砂に一番近い特等席には、新郎新婦の両親や親族がずらり。両親や親族を重んじる、沖縄らしい習慣です。

司会は有名人が当たり前

司会はプロの方、それも有名人が取り行うのが常識!地元のラジオパーソナリティや芸人さん、アナウンサーやローカルタレントなど、メディアでも見られるような人が引き受けているのが当たり前なようです。

飛び入り参加OK!

一般的な結婚式では招待状がなければ出席できませんが、沖縄の結婚式では飛び入りの参加があることも珍しくありません。もちろんご祝儀はお渡しするようですが、本土ではあまり考えられないことですよね。お祝い事が大好きな沖縄らしい、おおらかな習慣です。

記念品を渡す

沖縄の結婚式では、ゲストが新郎新婦に「記念品」というプレゼントを渡す風習があります。式の中ごろに「記念品贈呈タイム」というプログラムがあるほど、沖縄では当たり前の風習です。心のこもったプレゼントをたくさんもらって、新郎新婦の幸せそうな笑顔が輝く瞬間です。

余興は全力で

余興タイムのクオリティがかなり高いのも、沖縄結婚式の特徴。それ専用として、大きな舞台やステージが用意されていることも多いです。その日のためにかなり練習を積んできた!という人が多いほど全力の余興は、かなり見ごたえのあるもの。友人一同や同僚一同など、総力を挙げて作りあげることがうちなーんちゅ流!余興が3つ4つは当たり前、新郎新婦が普通に参加することもあるようです。

みんなで踊るカチャーシー

沖縄の結婚式では、必ずと言っていいほどみんなが踊ります。まずは「かじゃでぃ風(かぎやで風)」という曲を親族が踊ることから始まり、宴の終わりころには「唐船ドーイ」という曲が流れて全員でカチャーシーを踊ることが定番になっています。カチャーシーとは、テレビなどでよく見る、腕を上に挙げてかきまぜるような仕草で踊るあの踊りです。ちなみに、カチャーシーのあとに新郎が胴上げされるのがお決まりのパターンなのだそうです。