沖縄でウェディングするならココ!結婚式場パーフェクトガイド

  • ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド
  • 沖縄の結婚式場30ヶ所まるっとカタログ
  • リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO
  • うちなー必見!沖縄の結婚式まとめ
沖縄のおすすめ結婚式 » リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO

リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO

このカテゴリでは、沖縄でリゾートウェディングを行う際の注意点や知っておくと役立つノウハウなどをまとめて紹介!

沖縄で憧れのリゾートウェディングを実現させよう!

古宇利大橋のイメージ画像親族やごく親しい友人だけで行う人気のリゾート婚ですが、最近では海外よりも手軽に行える国内リゾート婚が注目を集めており、沖縄で結婚式を挙げるカップルが増えています。

リゾートウェディングを成功させるためのポイントが盛りだくさんなので、ぜひチェックして見てくださいね。

リゾートウェディングのメリット・デメリット

2人の結婚式を沖縄で実現させるために、どのようなことを実際に考えなければならないのか、あらかじめ知っておくことが大切!

ここでは、沖縄でリゾートウェディングを行う上でのメリットやデメリットをまとめてみましたので、参考にして欲しいと思います。

これが魅力!リゾートウェディングのメリット

  • 海外よりも低コストでリゾート婚が行える
    国内にいながらも海外にいるようなロケーションで尚且つ費用を抑えて挙式を行うことが可能です。
    また、最近ではリゾート地ならではのロケーション撮影も人気!プラン内容によってはセットになっているところもあるので要チェックです。
  • 国内だから安心!
    海外のリゾートウェディングよりもリスクが少なく、挙式当日まで国内で安心して過すことが出来るだけでなく、海外に行くよりも準備が少なくて済むのでゲストの方々も参加しやすいと思います。
  • 日数や移動距離の心配が要らない
    国内だから時差やスケジュール調整などの煩わしさが無いので、招待しやすいのが魅力!場所によっては遠方にいる親族や友人も沖縄の方が誘いやすい場合もあると思います。
  • 家族や親族とゆっくりと過すことが出来る
    宿泊してゆっくりと過ごすケースがほとんどなので、観光やショッピングなど、両家の親族と親交を深める時間も生まれます。
  • 一緒に新婚旅行も楽しめる
    結婚式と新婚旅行を別々に行うよりもコスト面でもスケジュール面でも効率的で、仕事で何度も休暇を取得出来ない人にはピッタリ!
    挙式の数日前から滞在するなど、新婚旅行も兼ねて挙式も行うことが可能なのでオススメです。

ここに注意!リゾートウェディングのデメリット

  • 招待するゲストの旅費や宿泊費用
    招待状を出す際に誰が負担するのかを明記しておくと参加するゲストの方々も安心!費用負担に関しては、しっかりと両家の両親を含めて話し合いをしておきましょう。
  • 気軽に式場に足を運べない
    現地確認は何度も行うことが出来ないので、入念な打ち合わせを行う必要があります。理想としては1度雰囲気を確認しておくことがベストです。
  • 天候が影響してしまう
    挙式日に悪天候が重なってしまうと、飛行機などが動かなくなり悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
    万が一の場合に備えた対策法を確認しておきましょう。

琉装ウェディング・琉装結婚式って?

観光で何度も沖縄を訪れて沖縄のファンになった、沖縄で知り合ったカップルなので沖縄伝統のスタイルで結婚式をあげたい、沖縄の文化にあこがれているなどの理由で、沖縄独自の民族衣装である琉装で結婚式を挙げる人が増えています。

人気となっている琉装ウェディングや琉球結婚式は、通常のウェディングドレスや着物での結婚式とは違う趣があります。実際に琉装を身にまといながら挙げる結婚式とはどんなものなのでしょうか?琉装やおすすめの着用シーンについてご紹介します。

琉装とは?

沖縄の伝統的な民族衣装琉装は、年間を通して気温が高い沖縄の気候に合わて作られています。どの時期であっても涼しく快適に過ごせることを意識した全体的にゆったりとした作りと、沖縄に伝わる伝統的な染色や織物の技術を生かした、オリジナルの色や柄を生かしているのが大きな特徴です。

外観で目立つのは、風通しがいいようにと作られた袖の部分で、和服に比べると袖口が広くとられており大きく開いています。ほかに、わきの下にくる部分にワチスビと呼ばれる三角形の街があったり、襟の丈が長がったりするのも特徴的です。着こなしのポイントのひとつになる袖部分は、表地と裏地が見えた時に美しく見えるように、色や柄のデザインのバランスまで配慮して作られています。

男性が着る琉装の特徴

琉装結婚式で用いられる男性の琉装は、腰に細い帯を締めた上に着物を着用し、着物が重なる部分をつまんで帯に挟み込むという独特の着付け方法を用いています。この時、帯は身体の前にくるように締めるのが大きな特徴です。

着物の下に着用する長襦袢は、丈が短めの筒袖を使用しており、着物は落ち着いた色合いのものが用いられます。着付けの仕上げに、帽子のような冠を被ると完成ですが、この冠は帯の色と合わせることが多いです。

女性が着る琉装の特徴

女性が着る琉装といえば色鮮やかな紅型衣装です。この紅型衣装は、かつての琉球王国では、王族の女性のみが着ることが許された礼装だったのだそうです。琉装結婚式でも用いられる黄色地のものが紅型の中でも最上の色とされていました。

女性の琉装姿で特徴的なのが、頭の上におだんごを結い上げるヘアースタイル「ウチナーカンプー(正式名:沖縄からじ)」があります。ゆったりとした紅型に、きりっと結い上げた独特のヘアースタイルは、沖縄らしいイメージですよね。

じつはこのカンプーをすべて地毛で結うためには腰までの髪の長さが必要です。実際の琉装結婚式では、髪の長さが足りなくてもアレンジができるように小物を揃えているので、ご心配なく!

おすすめの着用シーン

沖縄で、実際に琉装を着用しての琉装結婚式が挙げられる場所には、どんなところがあるのでしょうか?

ホテルや結婚式場ではもちろんのこと、沖縄の歴史的な名所での結婚式が可能です。琉球八社の内の一つに数えられる那覇市若狭にある「波上宮(なみのうえぐう)神社」での神前結婚式、世界遺産に指定され庭園た「識名園(しきなえん)」での琉装結婚式や、赤瓦の伝統家屋で行う人前結婚式などがあります。

南城市にあるテーマパーク「玉泉洞(ぎょくせんどう)」などでも琉装結婚式が可能なほか、沖縄の青い海や青い空、世界遺産に指定された名所旧跡などを背景に、琉装で写真撮影のみを行うプランも用意されています。

沖縄古来の結婚式について

沖縄の古来からの「結婚式(ニービチ)」で行われる「ウビナディ(清め払い)」の儀は、新郎新婦の二人を清め、結婚したふたりの幸多き未来を祝う儀式です。

伝統的な琉装で受ける沖縄独自の儀式は、生涯の思い出になりそうですね。琉装結婚式では、サンシンの奏者やスタッフなども琉装で臨むプランが用意されているので、沖縄の古来からの文化をまるごと感じながら挙げられるのが魅力のひとつとなっています。

たくさんの人が憧れる沖縄での結婚式についてメリットやデメリットなどをまとめました。

沖縄で挙げる結婚式

南国気分が味わえて、国内なのでパスポートもいらない、そんな沖縄で結婚式を挙げたいというカップルは多いと思います。

実際、リゾート婚として沖縄は毎年人気No1です。沖縄で結婚式を挙げたい理由として、海が見える式場で式を挙げたり浜辺で写真を撮りたいというカップルが多いようです。また、リゾート気分を国内で味わえるので海外で挙げるより費用が抑えられるのも人気の理由の1つです。沖縄で式を挙げてそのまま新婚旅行として観光に行きたいからと言うカップルも多いです。結婚式と新婚旅行が両方叶うのは嬉しいですね。

新郎新婦のメリット・デメリット

メリット

沖縄で挙式をあげるメリットは、国内にも関わらず美しい自然と海に囲まれている海外にも引けを取らないロケーションで絶好の景色の中で式を挙げられることです。

その他にも言葉で困ることがありません。万が一何かあっても海外ではないので病院にいけるので、健康保険が使えるのも魅力の一つです。

全国の主要都市の空港から那覇(沖縄)への直行便が出ているので、招待したい人が全国にいてどこで挙式を挙げるか考えている人は不公平感なく招待がしやすいです。1番時間がかかっても北海道からの4時間です。東京からは2.3時間と立地的にも好条件です。

また、国内なので打ち合わせの準備もしっかりとできて当日も安心できます。海外にも負けないクオリティですが、式場探しも楽で宿泊費や飛行機代、交通費など費用を抑えることができます。

沖縄ウェディングは4月、7月、10月、11月が挙げるカップルが多く、台風が多い場所なので気候が穏やかな春と梅雨明けの台風が去った後が人気です。

デメリット

台風の影響で飛行機が飛ばなくなってしまうと、式場に行けないというデメリットがあります。こうならないためにも、前日か前々日から沖縄に滞在していた方が良いかもしれません。

また、途中で雨が降り、式や披露宴を中断するなど気候の面ではデメリットもあります。そのため季節のトラブルが起こりにくい時期を選んだ方がいいでしょう。

秋以降は気温や海水温が下がるため、海で遊ぶのが楽しみにくくなりますが、観光客が減るので旅費や宿泊費が安くなります。

参列者の平均は18.6人なので、両家合わせて10人前後が招待人数の目安です。立地柄、飛行機の移動が必要だったり日帰りだと難しいなどもあり内々の式になります。家族の他に友達を呼んだり大勢招待客を呼びたいカップルは、沖縄で結婚式を挙げるのは向いていません。ですが、新婚旅行を兼ねて沖縄で2人きりで結婚式を挙げるカップルも多くいます。両親に旅行をプレゼントして親孝行がしたいという意味で沖縄で式を挙げる人もいます。

参列者のメリット・デメリット

「家族とごく親しい友人」との時間を大切に過ごせる少人数で行うリゾート婚は、招待者1人1人と過ごせる時間が長いのでアットホームな雰囲気で行われます。ですから、新郎新婦と水入らずで過ごせることができます。仕事を休まなければならなかったり、交通費や宿泊費などの費用が自己負担の場合、少し多くかかってしまうのがデメリットですが、親しい友人に会えて観光に行ったり旅行気分を味わうことができます。国内なのでパスポートを持っていなくても沖縄でリゾート気分を味わうことができます。

また、海外よりも移動時間がかからないので、祖父母など年配の方、マタニティウェディング、小さい子ども連れの人も負担が少なく安心して過ごせます。もちろん本島での結婚式も思い出に残りますが、あまり経験のできない沖縄での結婚式は、綺麗な海と自然豊かな景色に囲まれていて、より一層参列者の思い出に残るはずです。