沖縄でウェディングするならココ!結婚式場パーフェクトガイド

  • ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド
  • 沖縄の結婚式場30ヶ所まるっとカタログ
  • リゾートウェディングを沖縄で♪のためのHOW TO
  • うちなー必見!沖縄の結婚式まとめ
沖縄のおすすめ結婚式 » ニーズ別★沖縄の結婚式場完全ガイド » 一生の想い出に!水中結婚式はいかが?

一生の想い出に!水中結婚式はいかが?

水中結婚式

水中結婚式をご存知ですか?水中に潜り、大自然の中で行うことができる結婚式です。水中結婚式の種類や流れ、費用などについてご紹介します。

水中結婚式とは?

水中結婚式とはその名の通り海の中で行う結婚式です。海が好きな方や、水のあるところに行くと落ち着く、他に無い思い出に残る結婚式をしたいという方におすすめです。 海中の他に、水族館やプールなどを利用したものもあります。主に海外で多く行われていた結婚式でしたが、徐々に日本でも行えるところが増えてきました。特に沖縄は青い海が広がっており、一生に一度の思い出になること間違いなしです。

水中結婚式はどこで申し込めば良い?

水中結婚式を行う場合は沖縄のウェディングプロデュース会社や旅行代理店などで扱っています。また沖縄のダイビングショップなどでも取り扱っているところがありますので、直接申し込むのも一つの手段です。

水中結婚式の料金は?

水中結婚式の料金はプランによっても異なりますが、5~15万円程度が相場になります。会社によって料金に含まれているものが違うので注意しましょう。ゲストが増えればそれだけ装備のレンタル代も増えることになります。 もしダイビングのライセンスをとってから本格的に行いたいのであれば、ライセンスの取得料金も必要になります。

水中結婚式の種類

青い海の中、たくさんの魚や珊瑚に囲まれて行う結婚式。海やダイビングの好きな方にはたまらない結婚式といえます。そんな水中結婚式にも様々な種類が存在します。

ダイビングスタイル

一番多いのが、海中にダイビングをして行うスタイルです。ダイビングスーツのまま、上からウエディングドレスを着るスタイルなどプロヂュース会社によって様々なものがあります。ダイビングが趣味でダイビングライセンスを持っている方が希望することが多いです。しかし会社によってはライセンスが無くても、講習を受けライセンスを取得してから結婚式をしてくれるところもあります。

ドーム式結婚式

海中に挙式用のドームが設置されているスタイルです。ドームの中なのでドレスやタキシードに着替えてから結婚式を行うことができます。しかしまだ日本では一般的ではなく、海外で行う必要があります。

水中結婚式のプラン例

水中結婚式では、結婚証明書などの署名が難しく、正式な結婚証明書が発行されない場合もあります。会社を選ぶ際は、その点に注意して選びましょう。

  • カメラマンが同行
    多くの場合はカメラマンが同行し、結婚式の様子を写真に収めてくます。ムービーとしてのこしたい場合はPV撮影を行っている会社を選ぶと良いでしょう。
  • ケーキ入刀
    結婚式では定番と言えるケーキ入刀。会社によっては水中でもケーキ入刀を行っているところがあります。
  • 船上での記念撮影
    水中だけでなく、船上や砂浜での記念撮影もセットになっているプランです。いろいろな写真を撮りたい方におすすめです。

水中結婚式の流れ

取り扱っている会社によって詳細は異なりますが、おおまかな流れは以下のようになります。

  • 打ち合わせ
    新郎新婦が思い描く水中結婚式について詳細な打ち合わせを行います。会社によってはメールや電話での打ち合わせを受け付けているところもあります。
  • レクチャー
    当日は水中カメラマンやインストラクターのよるレクチャーを受けます。初心者の方やブランクのある方は、リハーサルダイビングや講習を行う場合もあります。
  • 陸上での結婚宣言
    水中では結婚証明書にサインが難しいため、陸上で宣言を行います。
  • 撮影
    水中での撮影を行います。プランによっては先に砂浜での撮影を行うこともあります。スポットは希望に沿いながら、当日の天候などを見てインストラクターやカメラマンが決定することが多いようです。撮影は安全な浅瀬で行います。

プランによって結婚証明書の披露や誓いのキス、リング交換、ケーキ入刀などを行います。

  • アフターダイビング
    そのままフォトプランやダイビングを楽しむこともできます。また結婚式のあと披露宴、会食、パーティーなどを行うプランも選択可能です。

水中結婚式のメリット・デメリット

メリット

  • 一生の思い出に残る
    水中結婚式のメリットは何と言っても、一生の思い出に残ることです。ダイビングやキレイな海の中で行われる結婚式は幻想的で、多くの人の記憶に残ることでしょう。
  • ハネムーンと一緒にできる
    リゾート地である沖縄で結婚式を行うことで、ハネムーンも一緒に行うことができます。またプランによってはハネムーンとセットになっているところもあります。
  • アットホームな雰囲気で行える
    参列者が限られてしまいますが、気の置けない仲間だけで祝ってもらえるのでアットホームな式となることが多いです。また周りのダイバーたちも祝福していることがあります。

デメリット

  • 他の人が参列しにくい
    水中という会場なので参列者が限られてしまいます。必ずしもライセンスは必要ではありませんが、ウェットスーツを着ての参加となるとかなりハードルが上がってしまいます。特に祖父母など高齢の方の参加は難しいでしょう。
    また水中結婚式はまだメジャーではないので、変わった結婚式だと親族の反対を受けることも考えられます。
  • ウエディングドレスが着られないことも
    会社によってはウエディングドレスをウェットスーツの上から着られるところとそうでないところがあります。また着られた場合でもどうしても地上で行うようにビシっとした感じにはなりません。ダイビングの経験がなければ、フラフラしてしまうこともあるでしょう。

水中結婚式Q&A

  • ドレスは選べるの?
    これも会社によって様々ですが、基本的には選べるところが多いようです。ただしあまり広がらないように重りなどを仕込むことがあります。また水中では地上で試着したのとは勝手が違うので、ある程度ダイビングに慣れた方ではないと難しいでしょう。
  • どれくらい前に申し込めば良い?
    打ち合わせなどもありますので、半年~3ヶ月前には予約しておくのがおすすめです。沖縄は一年中ダイビングをすることが可能ですが、季節によって見える景色が違うので、こだわりがあるなら早めに予約しましょう。
  • 打ち合わせは何回必要?
    会社によっても異なりますが、2~3回のところが多いようです。遠方に住んでいてなかなか打ち合わせに通えない場合は、電話やメールで打ち合わせを行うことも可能な場合があります。

注意する点も

水中での結婚式は地上で行うものとはなにもかも勝手が異なります。浅瀬で行われますが通常のダイビングのように事故やリスクにおいては充分に理解してから行いましょう。 特に初心者の場合は、水の中で予期せぬことが起こるとパニックになる場合もあります。そのためあらかじめライセンスととっておいたり、リハーサルダイビングを行うことも考えておきましょう。

ダイビングのライセンスを取得するには

水中結婚式を万全な状態で迎えたいと、ライセンスを取得するにはどうしたらよいのでしょうか。まずはショップいってライセンスを取得したい旨を伝え、講習と実習を受けます。一般的に学科講習1日、プール実習1日、海洋実習2日の計4日間は最低でも必要となります。受講資格は15歳以上で、費用は3~6万円程です。沖縄ではライセンス取得のための3泊4日・4泊5日のツアーなども開催されています。

ライセンスを取得すれば推進18メートルまでダイビングが可能になり、インストラクターなしでもダイビングを楽しむことが可能です。

海

まとめ

水中結婚式はとても幻想的で、他にはない個性的な結婚式として人気があります。特に海やダイビングが好きな方、他とは違う結婚式をしたい方におすすめです。 沖縄では水中結婚式を取り扱っている会社が複数ありますので、自分にあったプランを選ぶと良いでしょう。